このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

ここから本文です

サイト内の現在位置

歯学部の紹介:先生に聞く!

超高齢社会となる近い将来、
さらに必要とされる高度な歯科医療者を育成。

桃井 保子先生(主な担当科目:「保存修復学」「齲蝕学」)

歯の欠損を元に戻す「保存修復学」は、卒業するまでにしっかり修得してほしい歯科医師にとっての基本的な学問です。また、「齲蝕(うしょく)学」は、虫歯に関する学問。基礎や臨床の壁を超えて、齲蝕にアプローチしていきます。最近では、歯や口腔の病気が、糖尿病や誤嚥性肺炎などの全身疾患にも影響を及ぼすことが分かってきました。今後超高齢社会となる日本では、高齢者の歯科医療や口腔ケアは非常に重要です。
歯学科では、国家試験に合格するためだけでなく、+αの進路指導にも力を入れています。高齢者歯科や障がい者歯科、在宅歯科などの学会を紹介するなど、学生には高度なレベルの治療ができる、専門性の高い歯科医療者を目指してもらいます。鶴見大学歯学部の教育理念は「よき臨床家を育てる」ということ。「よき」という意味は、患者さんに寄り添い、患者さんの心の揺らぎに付き合うことだと私は考えます。ぜひ本学科で歯科医療を学び、誇りをもって患者さんに歯科医療を提供し、社会に貢献できる歯科医療者を目指してください。

授業のポイント

分かりやすく的確な指導を通して、
虫歯に対する基礎知識と技術が身につきます。

大澤 昂平さん 歯学科4年
東京都 東京農業大学第一高校出身

「保存修復学」「齲蝕学」ともに、歯科医師を目指す上で基本の科目。虫歯のメカニズムや治療技術を学び、実習では歯を削る練習もしています。桃井先生は分かりやすい言葉できめ細かく指導してくださいます。おかげで、少しずつ技術が向上していくのを実感する日々です。

大学・学部パンフレット 資料請求はこちら

大学のパンフレット等、資料請求はこちらから。

資料請求(新しいウィンドウが開きます)