このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

ここから本文です

サイト内の現在位置

歯学部の紹介:学部長のあいさつ

国際都市横浜から歯科医学の未来を創造する

歯学部長 里村 一人
歯学部長 里村 一人

鶴見大学歯学部は、太平洋に面し、近代日本の幕開けの時期に、わが国で最初に世界に向け開港された国際都市横浜に位置する唯一の歯学部です。1970年に設立され、「大覚円成、報恩行持(だいがくえんじょう、ほうおんぎょうじ)」、現代的に訳せば、「感謝の心育んで、いのち輝く人となる」という建学の精神を礎とし、さらに初代歯学部長である長尾 優先生が遺された「敬愛を敦くし、以て醫の心と為す」との銘に従い、これまで実に5400名余の優れた人材を社会に輩出してきた伝統のある学部です。今後も優れた歯科医学教育の場を提供することにより、優れた歯科医師を養成し、国民の期待に応え得る歯学部としての歩みを進めて行きたいと考えています。

本学歯学部における教育の特徴としてまず挙げられるのが、診療参加型臨床実習です。過去40年以上にわたり地域の歯科医療に貢献して来た本学歯学部附属病院は、1日来院患者数が800~950名を誇るわが国有数の歯科総合病院です。この特徴を最大限に活かし、臨床実習生(5年次学生)は実際に患者さんの歯科診療に携わりながら、歯科診療のスキルを実践的に身につけることができます。もちろん技能だけではありません。優れた歯科医師になるために必要な医学、生物学、材料学などの正確な知識を確実に理解し、習得していただくため、一般教育科目の充実に加え、専門基礎科目と臨床科目のバランスがとれた講義および実習を行っています。

次に大学院教育についても触れておきたいと思います。これまでわが国の歯科医療レベルは高く、国際的にも評価されてきました。これには、わが国においてさまざまな口腔疾患の原因や病態の解明、新しい診断法や治療法の研究・開発が積極的に行われてきたことが大きく貢献しています。そしてこれらの研究・開発の多くが、歯学部卒業後大学院へと進学した大学院生の学位研究に支えられてきました。今後もわが国が口腔医療の分野において、国際社会に貢献し、世界の中で指導的立場を維持し続けるためには、大学院へと進学する人材の確保がきわめて重要です。このような観点から、大学院歯学研究科では将来の歯科医学・歯科医療を担う優れた人材の育成・輩出にも十分配慮した研究教育を行っています。

鶴見大学は1953年の鶴見女子短期大学としての創立以来、1963年に文学部を設置、1970年には歯学部を設置し、多くの人々に学びの場を提供してきました。創設母体が曹洞宗大本山總持寺ということもあり、仏教、とくに「禅」の精神にもとづいた広く深い教養と高い倫理性を求める教育を行っています。このことは取りも直さず、歯科医療・口腔医療に携わる人材を育成する場としてはまさに理想的と言えるでしょう。

現代は国際化の時代といわれます。今後は歯科医療分野においても国際化が進み、日本で教育を受けた歯科医師が海外のさまざまな国や地域で活躍する機会が多くなると考えられます。また同時に、多くの日本語を母国語としない人々がわが国で生活するようになることが予想されています。このような社会情勢の変化に対応できる歯科医師の養成にも配慮し、アメリカ、オーストラリア、中国、韓国などの歯科大学と提携を結び、学生や研究者の相互訪問や共同研究を積極的に実施していることも本学歯学部の特徴の1つです。この点においても、わが国を代表する国際都市横浜に存在する本学歯学部はきわめて良い環境にあると言えます。

われわれ歯学部教職員は、学生の皆さんがこのキャンパスで学び、自分を磨き、生涯の友と出会うことを、国民、人類の健康・福祉に貢献できる優れた歯科医師となることを全力で支援していきます。是非、鶴見大学歯学部で共に学び、切磋琢磨し、国民と社会に貢献できる人材となることを共に目指しましょう。

大学・学部パンフレット 資料請求はこちら

大学のパンフレット等、資料請求はこちらから。

資料請求(新しいウィンドウが開きます)