このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

ここから本文です

サイト内の現在位置

歯学部の紹介:教育方針

鶴見大学歯学部教育方針

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

歯学部では、禅の精神を基に医療人として重要な円満な人格を持ち、歯科医学・歯科医療についての高度な知識・技術の習得、並びにその実践力を身につけ、国内外において歯科医療を通じて社会に貢献できる人材の育成を目的としています。このような目的に沿って構築されたカリキュラムを履修して卒業時に次に揚げる能力を習得し、更に本学科の所定の卒業要件を満たした場合に卒業を認定し、学士(歯学)の学位を授与します。

  1. 医療人として広い教養と視野を持ち、深い洞察力と倫理感を備えている。
  2. 感謝と慈愛の心を持って患者中心の医療を実施できる。
  3. 主体的な研究能力を有し、科学的知見に基づき問題点を発見し、解決できる。
  4. 科学的探究心を持ち、最新の医療知識・技術の習得に努め、実践に生かすことができる。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

歯学部では、円満な人格、更に歯科医学に関する専門的知識と歯科医療の高度な実践力を併せ持ち、社会に貢献する人材を育成するという理念に基づき、教育目標を実現し、自らのキャリアを確立するため以下の教育課程を編成し、実施しています。

  1. 基礎的教養教育
    高校と大学教育の連携に配慮した初年時教育のカリキュラムとして充実した自然科学系科目を学び、更に広い視野と洞察力を身につけるために、外国語教育を含む人文科学系科目の教養科目を充実させています。
  2. 禅的情操教育
    自己を正しく認識し、患者さんに寄り添う心を持つ人間性を育むため、医療人間科学、宗教学を中心とした科目を学びます。医療人間科学では少人数による演習、PBLにより能動的学習能力の向上も図ります。
  3. キャリア教育
    将来の進路について考え、歯科医療へのモチベーションを向上させるため、初年時から早期体験学習で学びます。また応用力・課題探求力の向上を図るため、希望者においては低学年時より各講座等における研究に参画し、主体的な研究能力を育みます。
  4. 専門教育
    基礎科目、臨床科目ともに、座学に加え、少人数グループによる実習を行い、知識と技能を能動的に身につけるカリキュラムの編成を行っています。更に診療参加型臨床実習、隣接医学の学びにより口腔を総合的に診療できる高い臨床能力を育成しています。
  5. 独自教育
    国際交流を通じた学習により、国外における歯科医療を学び、国際的な視野を育みます。

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

歯学部では、本学の理念に共感し、教育課程に積極的に取り組む姿勢を持つ人を歓迎します。

  1. 物事を多角的にとらえ、柔軟に判断できる能力を持つ人。
  2. 他者と自己を理解し、他者に寄り添う姿勢を身につける努力を惜しまない人。
  3. 自然科学に強い関心があり、基礎的な知識を有する人。
  4. 自己の能力向上を目指してアクティブに学ぶ意欲をもつ人。

鶴見大学大学院歯学研究科教育方針

ディプロマ・ポリシー(修了認定の方針)

歯学研究科博士課程では、禅の精神を基に自他を正しく認識し、感謝と慈愛の心を持つとともに、高度にして専門的な歯科医学の深奥を究め、その応用によって医療を通じて社会に貢献できる有能な研究者に対して学位を授与します。所定の単位数を修め、教育理念と目的に沿った研究指導を受け、修業年限内に博士論文の審査及び最終試験に合格し、大学院歯学研究科委員会で 可とされた場合において、博士(歯学)を授与します。

  1. 所定の単位数を履修することにより、専門的な知識を習得することに加えて、科学的手法を用いて行った研究結果を適切に考察することによりまとめた論文を提出し、審査に合格した者に学位取得を認める。
  2. 研究経過報告を行い、学位論文には研究の独創性・発展性、論文構成・論理展開の妥当性、研究倫理の自覚と遵守のそれぞれの点について、十分な水準に達することが求められる。
  3. 歯科医学分野において研究者として自立でき、また指導的役割を担いうる能力を身につけていることが課程修了に必要である。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

歯学研究科博士課程では、高度な専門研究及び専門諸分野の科学的成果に立脚する学際的総合研究を行うために必要な創造的能力を有し、研究者として自立して研究活動を行い、将来高度かつ専門的な業務に従事するために必要な高度な研究遂行能力とその基礎となる豊かな学識を有する人材を養成するために、以下の教育課程を編成し、実施しています。

  1. 専門教育
    歯科医学研究分野において研究者として自立でき、また指導的役割を担いうる人材を養成する。
  2. 研究指導
    研究者として自立するためには、研究課題の設定、研究計画の立案、研究の実施・遂行及び研究成果の発表を必要とする。そのため、独創性と先端性に優れた高度な研究実施能力、研究の妥当性に対する判断力、文献調査能力、発表能力等を育成する。そのためにマンツーマンの先進的並びに質の高い研究指導を行う。

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

歯学研究科博士課程では、感謝と慈愛の心を持つとともに、高度にして専門的な歯科医学の深奥を究めた、歯科医学研究における指導力を発揮できる研究者を養成することを目標としています。そのために以下のような人を歓迎します。

  1. 自然科学に強い好奇心を持ち、高度な専門知識を習得することが可能な基礎学力を持つ人。
  2. 国内外を問わず他者との議論を交わし、かつ協力できるコミュニケーション力を持つ人。
  3. 既成概念にとらわれることなく自ら新しい分野を開拓できる、積極的かつ柔軟な思考を持つ人。
大学・学部パンフレット 資料請求はこちら

大学のパンフレット等、資料請求はこちらから。

資料請求(新しいウィンドウが開きます)