このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

ここから本文です

サイト内の現在位置

カリキュラム:臨床

隣接する附属病院で、実際に患者さんを担当。自覚と責任、技術を磨きます。

5年次から始まる附属病院での臨床実習。その直前には学部長や病院長も出席する 厳粛な「登院式」が行われます。
自覚と責任を胸に刻み、いよいよ患者さんと対面します。

Chapter.1 臨床講義

臨床実習に臨むにあたり、各科の先生から歯科医師としての心構えや医療倫理、患者さんとの接し方を学ぶ「臨床講義」を受講。これと並行し、人体模型を用いた治療シミュレーションや、症例ごとの治療計画作り、病院見学などを行うなど、万全の準備を整えます。

Chapter.2 患者さんを担当

初診では、「口腔内診査」で患者さんの歯や口腔内をチェック。その後は、多様な診療科を回りながら、各実習生それぞれ5~6人の患者さんを担当します。治療期間の長い患者さんとはおよそ1年にも及ぶお付き合いに。患者さんの気持ちに配慮した診療とはどうあるべきかを実地で学びます。さらに、実習の合間を縫って、担当患者さんの義歯や冠も学生自身が作ります。指導医の先生の細やかな指導のもと、これまで得た知識と技術を総動員して製作します。

Chapter.3 見学実習

難易度の高い外科手術などは、見学実習で学修していきます。たとえば、顎の腫瘍手術など、口腔外科の先生方の高度なオペ技術をしっかり目に焼きつけることが可能。他にも、放射線科でのX線解析実習などを通じて、歯科医師に求められる技能を磨きます。

臨床実習体験レポート

協力してくださる患者さんたちへの感謝を胸に、
歯科医師としての技量と知識を磨いています。

Chapter.1
まずは実習の心構え
臨床実習では初めて患者さんを治療することになるので、想像がつかず不安にもなります。代表的な症例や治療計画、心構えなどしっかり講義してもらい、自信もつきました。
Chapter.2
附属病院での治療がスタート
5年次6月からの1年間は、講義がある月曜日以外が実習。週単位で病院の総合歯科に登院します。担当する患者さんを先輩から引き継ぎ、いよいよ治療のスタート。初回は緊張しましたが、学生同士での実習経験をもとに落ち着いて臨むことができました。患者さんひとりに2時間ほどかけるので、会話を通して信頼を築く大切さも痛感。
Chapter.3
各科の先端技術も見学
治療と週変わりで行う"各科まわり"では、病院内の各科に出向いて高度な専門技術を見学。長時間に及ぶオペの介助も経験できました。どの科の見学も非常に勉強になります。
大藏 眞太郎さん
歯学科6年
東京都 帝京高校出身
大学・学部パンフレット 資料請求はこちら

大学のパンフレット等、資料請求はこちらから。

資料請求(新しいウィンドウが開きます)