このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

ここから本文です

サイト内の現在位置

カリキュラム:6年間の学びの流れ

1年次

医療人としての倫理観と教養、基礎的な知識を高める。

将来医療に関わる者にとって大切な心構えを学ぶ「医療人間科学」や、「宗教学」「倫理学」「心理学」など人文科学、「物理学」「基礎化学」「ヒトの細胞遺伝学」など自然科学・一般教育科目を中心に学修します。また、早くから歯科の専門分野に触れるために「歯の解剖学」や「歯型彫刻実習」の専門科目を学ぶほか、現在の歯科医療に欠かすことのできないパソコンのスキルや英語力のレベルアップにも力点を置いたカリキュラムを編成しています。

2年次

前期には基礎医学、後期から実習授業もスタート。

口腔だけでなく全身を理解しなければ、真に患者本位の歯科医療は行えません。そのため、本学科では2年次に「歯科薬理学」「解剖学総論・骨学」「一般生理学」「一般生化学」「人体解剖学」「一般病理学」「口腔微生物学・基礎免疫学」など充実した科目群で基礎医学を徹底して学修。後期には、実習室で生理学や生化学関連、解剖学関連の実習も行われます。

3年次

基礎医学の知識を礎に、臨床科目の実習をスタート。

2年次に引き続いて、「口腔病理学」「口腔微生物学実習」「歯科薬理学」「歯科理工学」などの講義と実習で、さらに基礎医学への理解を深めます。後期からはいよいよ歯科臨床科目の講義がスタート。あわせて基礎実習室内での「衛生学・口腔保健学実習」「歯内治療学」「補綴学」などの実習も行いながら、知識に加えて臨床面での技術力を鍛えていきます。

4年次

歯科臨床実習に備え臨床科目の基礎を学ぶ。

5年次からの臨床実習に備え、歯科臨床科目の講義や臨床基礎実習を中心に学修。さらに、「内科学」「外科学」「耳鼻咽喉科学」など隣接医学や、統合科目の「咬合学」に加え、「社会歯科学」「有病者・障害者歯科学」「救命救急歯科学」など広範な領域を学修します。後期には、「統合臨床基礎実習」で、実際に患者さんに接するための準備を整えます。

5年次

歯科医師目指してステップアップ。臨床実習が始まる。

歯学部附属病院での臨床実習を開始。学科開設以来続いているこの診療参加型臨床実習では、各診療科を回って、実際に患者さんの治療を行うほか、補綴物の作成や、手術の見学などを行いながら、歯科医師としての技能を磨きます。全国29の歯学部・歯科大学で、こうした診療参加型実習を実践しているのは、本学科を含めてごくわずかです。

6年次

臨床実習で研鑽を積み、学びの総まとめに。

6年次の前期も、引き続き臨床実習を実施。毎日1000人近くもの来院患者数を誇り、最先端の医療機器を擁する歯学部附属病院での長期にわたる実習を通じて、多岐に及ぶ症例を学びながら、実践的な知識と技術、ノウハウを着実に身につけることができるはずです。そして、後期には、「統合歯科医学」を開講。ここで6年間の学修成果をまとめます。

歯科医師国家試験

歯科医師への登竜門。

歯科医師国家試験では、臨床上必要な歯科医学及び口腔衛生に関して、歯科医師として必要な知識や技能が試験で出題されます。鶴見大学では、きめ細かな少人数制チューター指導システムや、国家試験を想定した模擬試験の実施などをおこない、知識や能力の育成に取り組んでいます。

臨床研修歯科医師

歯科医師への第一歩。1年間、現場で学ぶ。

歯科では、歯科医師免許を取得後、1年間の卒後臨床研修が義務づけられています。鶴見大学歯学部では、全国的に見ても来院患者数が多いことで知られる附属病院を中心に、一般歯科診療所や病院歯科口腔外科など学外の施設と連携し、卒後臨床研修の充実にも力を注いでいます。

一般病理学実習
一般病理学
保存修復学実習
保存修復学実習
衛生学・口腔保健学
衛生学・口腔保健学
大学・学部パンフレット 資料請求はこちら

大学のパンフレット等、資料請求はこちらから。

資料請求(新しいウィンドウが開きます)