このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

ここから本文です

サイト内の現在位置

講座案内

講座:地域歯科保健学

講座紹介

 歯科医のイメージは、虫歯を削る、麻酔をする、歯を抜くといった、どちらかといえば怖い部分が強調され過ぎています。しかし、歯科疾患の予防方法は格段に進歩しており、治療が必要な状態にならないように、人々の歯やお口の健康をまもる診療の部分が多くなってきました。100歳まで、自分のきれいな歯で何でも噛めて味わえるという「生活の質(QOL)」をサポートする歯科医療です。まず私達の教室の使命は、そうした健康づくりのための口腔保健に貢献することです。
 私達は、虫歯や歯周病の予防方法も研究していますが、それらの有効な予防方法を地域でどのように応用していくかということも重要な研究の課題です。有効で安全であってもすぐに応用されるものではなく、人々の価値観や社会経済的要因などが影響します。それらの理解を深めるために、歯科医療における「行動科」、「地域診断法」、「医療経済」などの勉強も行っています。

教員紹介

教授 鶴本 明久
講師 山本 健
助教 本橋 純

活動

教育(担当科目)

口腔保健学
地域歯科保健学
衛生学・口腔保健学実習
社会歯科学

研究等

虫歯の予防方法の中でも、最も有効性が認められているフッ化物の地域での応用方法など基礎実験などによって調べたりしています。また、歯科疾患は地域の産業形態、住居環境など社会的要因によっても随分と異なっています。それぞれの地域の実情にあった歯科保健対策が必要です。地域における歯科疾患の原因や実情を調べることを「地域診断」といっていますが、「地域歯科保健学」での重要な課題のひとつだと考えています。また、最近では農村地域に出かけて、高齢者の食べたり、飲み込んだりする機能を高めるプログラムを研究したりもしています。

大学・学部パンフレット 資料請求はこちら

大学のパンフレット等、資料請求はこちらから。

資料請求(新しいウィンドウが開きます)