このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

ここから本文です

サイト内の現在位置

講座案内

講座:病理学講座

講座紹介

先端科学の進歩に伴い、病理学で取り扱う様々な疾患の概念が急速に大きく変わりつつあり、既存の教科書では対応出来ないことが指摘されています。加えて自然科学におけるテクノロジーは格段の進歩を遂げているにもかかわらず、その成果は細分化された個々の領域での知見にとどまっていることから、現在の病理学は様々な領域を統合した学問として新たに再構築されなければなりません。当講座では生命の仕組みをミクロからマクロまで総合的に理解させることにより修学意欲の向上を図ることを目標に、最先端の生命科学の動向を的確に捉えながら、分子生物学、遺伝学、発生学、免疫学を通して病理学教育を行っています。

教員紹介

教授 斎藤 一郎
臨床教授 井出 文雄,美島 健二,村松 敬
講師 伊藤 由美,梁 洪淵
学内講師 内田 仁司,松本 直行
非常勤講師 有川 量崇,井上 裕子,小澤 暁,金子 三恵,木津 康博,坂野 克久,      清藤 太郎,武田 宇央,槻木 恵一,浜野 弘規,東山 浩之,柳元 伸太郎,   山田 孝
学部助手 中山 亮子

活動

教育(担当科目)

口腔病理学       医療人間科学        総合歯科医学
口腔病理学実習   歯周病の基礎と臨床    臨床実習座学
一般病理学       加齢の科学          動物実験概論
一般病理学実習   歯科医学総論

臨床

歯科医師は虫歯や入れ歯の治療をするというイメージがありますが、それだけではありません。歯科医学・医療には口元の美しさを目指す医療、高齢者に貢献する医療、口からはじめる全身の抗加齢医学や再生医療など最先端の基礎研究など多岐に渡ります。当講座では、これらに必要な専門的な知識と高い技術を身につけ附属病院で実践を行っています。

研究等

ドライアイやドライマウスを生じるシェーグレン症候群の病因解明や、診断法・治療法の解明に取り組んでいます。唾液腺をはじめ様々な臓器の再生を目指して、基礎研究と共に再生医療の臨床応用を視野に入れ可能性を探りながら、附属病院のドライマウス外来・アンチエイジング外来と連動し、基礎研究を臨床に還元するための研究を行っています。

大学・学部パンフレット 資料請求はこちら

大学のパンフレット等、資料請求はこちらから。

資料請求(新しいウィンドウが開きます)