このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

ここから本文です

サイト内の現在位置

講座案内

講座:歯科理工学講座

講座紹介

 虫歯を直したり,入れ歯を入れたり,歯並びを良くしたりする時,色々な材料が必要です。歯を削る時には,エアータービンという器械が使われています.歯科理工学教室では,このような虫歯につめる詰めもの(充填材),入れ歯の材料(義歯用材料),歯の型をとる材料(印象材)などの歯科材料やエアータービンなどの歯科器械に関する教育,研究を行っています.近年,注目を集めている再生医療のための足場材料や骨を作る材料などの生体材料の開発にも積極的に取り組んでいます。
 歯科理工学の対象範囲は非常に広範囲です。各自がそれぞれ研究テーマを持って,講座や大学の枠組みを超えて幅広く他講座・他大学と連携して研究を遂行しているのが大きな特色です。海外の大学との交流もあります。

教員紹介

教授 早川  徹
准教授 野本 理恵
学内講師 新田 馨子,吉田 英史
学部助手 廣田 正嗣

活動

教育(担当科目)

歯科理工学Ⅰ
歯科理工学Ⅱ
歯科理工学実習

研究等

今,入れ歯の代わりに人工歯根(インプラント)による治療が注目されています。インプラントにはチタンが主に使われています。どうすれば,チタンが顎の骨や歯肉と良くくっつくようになるか,“表面改質”と言う研究をしています。再生医療のための細胞がよく育つ“足場材料”の開発もしています。また,口の中で使われている入れ歯や金属のかぶせ物を壊すことなく性質を調べる“非破壊検査”を行って,今使われている材料の問題点を見つけて,より良い歯科材料や歯科技術を開発する研究も行っています。

大学・学部パンフレット 資料請求はこちら

大学のパンフレット等、資料請求はこちらから。

資料請求(新しいウィンドウが開きます)