このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

ここから本文です

サイト内の現在位置

講座案内

講座:探索歯学講座

講座紹介

 人々の健康を守るためには、歯学部において保健・医療・福祉のバランスの良い教育体制を確立することが必要です。歯科医師法は歯科医師に対して歯科医療と保健指導を掌り公衆衛生の向上に寄与することを求めています。従って歯科医院では本来の歯科医療の充実とともに新しい時代の保健指導体制を確立しなければなりません。そこで生活習慣病の保健指導を実践するための基礎知識と能力を育成しているのが探索歯学講座です。具体的には衛生学・公衆衛生学の学生講義と実習の他に、社会歯科学、齲蝕学を担当しています。大学院研究では健康を取り巻く諸因子を分子レベルで解明する プロジェクト研究を行っています。探索歯学(トランスレーショナルリサーチ)は基礎講座ですが、基礎研究の成果を臨床に還元し、臨床の疑問を基礎的に解明するエビデンスベースの臨床研究(EBM)を実践する学問です。基礎と臨床を繋ぐ架け橋として疫学調査を中心に地域歯科医師会との共同研究にも幅広く取り組んでいます。

教員紹介

教授 花田 信弘
准教授 野村 義明
講師 村田 貴俊
助教 山田 秀則
学部助手 宮之原 真由,岡田 彩子
臨床教授 武内 博朗
寄附講座 教授 広田 一男,浦口 昌秀
寄附講座 講師 吉居 英一
寄附講座 助教 宇野 備子

活動

教育(担当科目)

衛生学・公衆衛生学I・II(公衆栄養学を含む)     総合歯科医学(分担)
衛生学・口腔保健学実習(衛生学担当)         口腔保健の分子生物学(大学院)
社会歯科学                          探索歯学(トランスレーショナルリサーチ)
齲蝕学(分担)

臨床

健康な人を対象に附属病院で保健指導を行うために寄附講座(臨床探索歯学寄附講座)を設置しています。臨床では特定保健指導(栄養指導、運動指導および細菌の制御を中心とする口腔保健指導)ができる歯科医師の育成を目指しています。そのため臨床探索歯学寄附講座の業務は特定保健指導、栄養指導、唾液検査およびDental Drug Delivery System (3DS)を中心とした予防歯科医療(3DS除菌外来)です。

研究等

研究は文部科学省と厚生労働省から補助金を得て行っています。文部科学省科研費の研究テーマ: 1)ドメインシャッフリングによるムタナーゼキメラ酵素の作製とバイオフィルムの分解、2)プロバイオティックスによる齲蝕予防を中心とした口腔内感染予防に関する研究、3)石灰化ナノ粒子(CNPs)による初期齲蝕再石灰化の試み、4)iPS細胞の臨床応用における歯科医療安全に関する基礎研究と安全評価方法の検討、5)リポソーム法を用いた口腔粘膜細胞からのiPS細胞作製技術の確立.厚生労働省科研費の分担研究テーマ「口腔機能に応じた保健指導と肥満抑制やメタボリックシンドローム改善との関係についての研究」

大学・学部パンフレット 資料請求はこちら

大学のパンフレット等、資料請求はこちらから。

資料請求(新しいウィンドウが開きます)