このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

ここから本文です

サイト内の現在位置

講座案内

講座:歯内療法学講座

講座紹介

 歯内療法学とは、歯の硬組織疾患、歯髄疾患および根尖歯周組織疾患の診断、治療ならびに予防を扱う臨床系学問です。歯髄組織や根尖歯周組織の急性炎症は患者さんを悩ます激しい痛みの原因となります。歯内治療は歯科治療の中でも非常に微細な部分を扱う分野であり、治療には手術用実体顕微鏡や歯科用エックス線CTが頻繁に使用されています。歯内治療は歯科治療の基本であると同時に、専門的知識と技術が求められる臨床科目でもあります。

教員紹介

教授 細矢 哲康
講師 山崎 泰志
学内講師 長谷川 雅子
助教 吉田 拓正,山口 貴央,森戸 亮行
学部助手 小野 京,梅本 寛之,山本 要,前田 光平

活動

教育(担当科目)

歯内療法学            医療人間科学実習
歯内療法学基礎実習      歯科医学総論
総合歯科医学(臨床実習)

臨床

歯内治療とは、虫歯の進行などにより歯髄(歯の神経)に病変が起きたり、歯根先端の周囲組織に病変が広がったりした場合に行われる処置で、一般には「根の治療」「神経の治療」と言われています。常時、専門スタッフが診療し、必要に応じてエックス線CTや手術用実体顕微鏡を用いて最良な方法を選択しながら治療を行っております。通常の方法では治癒しない症例には、外科的手術(先進医療認可施設)を施すことによって良好な結果を得ることができます。

研究等

1.MTAの歯内療法領域への応用
2.NiTi製ファイルを用いた狭窄湾曲根管の拡大形成に関する研究
3.根管洗浄剤および消毒剤に関する研究
4.歯内治療用材料・器具に関する研究開発
5.根管充填材に関する基礎的研究
6.根管充填、逆根管充填の封鎖性に関する研究
7.手術用実体顕微鏡と歯科用エックス線CTを用いた根尖外科処置に関する研究
8.再植歯、外傷歯における臨床的研究
9.歯髄疾患および根尖病変の発生に関する分子生物学的研究
10.根尖性歯周炎関連細菌のバイオフィルムに関する研究
11.歯内疾患関連の細胞培養実験
12.歯内療法学実習用模型の評価に関する研究

大学・学部パンフレット 資料請求はこちら

大学のパンフレット等、資料請求はこちらから。

資料請求(新しいウィンドウが開きます)