このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

ここから本文です

サイト内の現在位置

講座案内

講座:歯周病学講座

講座紹介

歯周病学講座は、歯周疾患とその治療法について研究、教育および診療を行っている講座です。
 歯肉からの出血や腫れなど、炎症症状を示す歯肉炎や、歯を支持している組織や骨(歯槽骨)が破壊されて、歯のぐらつきを引き起こす歯周炎の治療を中心に、歯周病により発生する口臭等の予防も併せて行っています。

<歯周治療(歯肉炎や歯周炎の治療)>
 歯肉炎や歯周炎は歯の表面に付着している歯垢(プラーク)や歯石が原因で引き起こされる疾患です。基本的な治療法は、原因の除去である歯磨き指導(プラークコントロール)と歯石除去です。病状が進行してしまった場合には、歯周外科治療や歯周組織再生療法(GTR法、エネメルマトリックスタンパク、多血小板血漿 など)を行ったり、口腔軟組織の形態改善を目的とした歯周形成手術などを行っています。
 当講座では、特定非営利活動法人 日本歯周病学会認定の歯周病専門医(指導医含む)や認定医が在籍し、患者さまの歯周治療に寄与しています。

教員紹介

教授 五味 一博(歯周病専門医・指導医)
准教授 長野 孝俊(歯周病専門医・指導医)
講師 白川 哲(歯周病専門医),八島 章博(歯周病認定医)
助教 氏家 優子(歯周病専門医),松島 友二,鈴木 琢磨(歯周病認定医),梶山 創太郎(歯周病認定医)
学部助手 横山 拓哉,深谷 芽吏,鈴木 綾香,中川 朋人,蕗田 康平
臨床教授 内田 剛也(歯周病専門医・指導医),石井 洋行(歯周病専門医・指導医)

活動

教育(担当科目)

  • 歯周病の基礎と臨床
  • 歯周病学
  • 歯周治療学実習
  • 口腔顎顔面インプラント学
  • 医療人間科学実習Ⅱ
  • 統合臨床基礎実習
  • 臨床実習Ⅰ・Ⅱ
  • 総合歯科医学
  • 咬合学
  • 歯科医学史
  • 総合歯科医学ⅣB
  • 総合歯科医学ⅣB演習
  • 総合歯科医学Ⅴ
  • 総合歯科医学Ⅵ

臨床

日本歯周病学会認定研修施設(常勤:指導医2名、専門医4名、認定医3名)
厚生労働省が定めた先進医療(歯周外科治療におけるバイオ・リジェネレーション法)の認定施設
アジスロマイシンを用いたケモナイフ療法実施
「歯周病の早期治癒と個別化を図る新たな歯周薬物療法の開発と安全性の検証」

研究等

当講座では基礎から臨床まで、幅広く研究をしておりますが、基本コンセプトは臨床への応用です。

1)歯周薬物療法の細菌学的アプローチと臨床研究

2)歯周薬物療法における歯周組織のリモデリングメカニズムの解明

3)レーザーを用いた歯周病変への応用に関する基礎的、臨床的研究

4)骨髄細胞のパラクライン効果の研究

5)臍帯由来間葉系細胞を用いた組織工学的歯周組織再生療法開発に関する基礎研究

6)歯肉線維芽細胞の歯根膜細胞形質の獲得に関する研究

7)歯周病における好中球エラスターゼ阻害剤の歯槽骨吸収に及ぼす影響

8)エナメルタンパク質がヒト歯肉線維芽細胞及び歯根膜細胞の石灰化に及ぼす影響

9)光触媒用酸化チタンおよびナノプラチナのLPS(リポ多糖)分解能について

10)レーザーを用いた歯周組織関連細胞の遺伝子発現機構の解明

11)インプラント周囲炎治療における薬物的対応に関する臨床研究

12)歯周病患者に対する歯磨剤の臨床および細菌学的効果

13)音波舌ブラシの安全性評価ならびに臨床評価のためのパイロット研究

14)HAPに吸着した抗菌成分の齲蝕病原細菌ならびに歯周病原細菌への効果

15)新たな幹細胞を用いた新規歯周組織再生療法の開発

16)タンパク質固定化技術を用いた生体適合性インプラントの開発

17)免疫不全ラット大腿骨モデルにおける骨形成の検討

大学・学部パンフレット 資料請求はこちら

大学のパンフレット等、資料請求はこちらから。

資料請求(新しいウィンドウが開きます)