このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

ここから本文です

サイト内の現在位置

講座案内

講座:有床義歯補綴学講座

講座紹介

補綴(ほてつ)とは、歯や顎(あご)の一部あるいは全部が失われた場合に、冠、クラウン、入れ歯(義歯)やインプラントなどの人工物で補う治療です。中でも有床義歯補綴は歯を失った後の「うまく噛めない」「しゃべれない」「見た目が悪い」などの諸問題を可撤性(取り外し式)義歯により、噛める、しゃべる、飲み込むといった機能と見た目の自然観を回復させます。その結果、健康を保ちながら生き生きとした毎日を送ることができるようになるのです。当講座では、 満足度やQOLを向上させるために有床義歯補綴治療の教育、臨床、研究を行っています。臨床では1本の歯の喪失から全部の歯の喪失まで広範囲な歯の欠損状態に対し、様々な義歯(金属構造義歯、アタッチメント義歯、顎補綴、インプラントデンチャー等)を提供して多様な診療を行っています。また、義歯の設計、新材料や治療技術の開発や研究も行っています。

教員紹介

教授 大久保 力廣
講師 鈴木 恭典,佐藤 洋平
学内講師 西山 雄一郎,米山 喜一
助教 新保 秀仁,白井 麻衣,櫻井 敏継,仲田 豊生,清水 賢,脇 拓也,栗原 大介,鳥居 麻菜
学部助手 和田 航,長岡 智里,渕田 晴美

活動

教育(担当科目)

2年前期 医療人間科学・実習      3年後期、4年前期 部分床義歯補綴学
2年後期,3年前期 歯型彫刻実習      5年〜6年前期 臨床実習
3年後期 全部床義歯補綴学         6年 総合歯科医学(Ⅵ)

臨床

部分床義歯補綴治療(Partial Denture)
1歯欠損から1歯残存に至るあらゆる欠損症例に適用されます。構成要素も多く、設計は多様となります。アタッチメント義歯、金属構造義歯、FBIテクニック、チタン床義歯等、ハイレベルな義歯を製作します。

全部床義歯補綴治療(Complete Denture)
無歯顎患者は咬合機能を全く喪失しており、軟組織によって維持、支持されることが特徴です。フレンジテクニック、リモールディング、ピエゾグラフィーにより生理学的に製作した快適性の高い義歯を提供しています。
その他、インプラント支台のオーバーデンチャーによる先進医療を行っています.

研究等

基礎的研究
生体工学:歯科用チタン,レーザー溶接,熱可塑性樹脂,軟質裏装材,再生材料,摩耗試験
生体医学:デンチャープラーク,舌機能,疼痛閾値,生体バランス臨床研究
義歯設計:可撤性支台装置,CAD/CAM,金属構造義歯,予後調査
脳機能:ESAM, DIMENSION, NAT
インプラント:インプラントデンチャー,アタッチメント,上部構造,機能評価
臨床術式:ピエゾグラフィー,リテイナー型義歯,FBI,SAS

大学・学部パンフレット 資料請求はこちら

大学のパンフレット等、資料請求はこちらから。

資料請求(新しいウィンドウが開きます)