このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

ここから本文です

サイト内の現在位置

講座案内

講座:口腔内科学講座

講座紹介

口腔内にはう蝕や歯周病以外にも腫瘍や粘膜疾患、口腔乾燥症(ドライマウス)など、口腔領域のみならず全身にも大きな影響を与える様々な疾患が生じます。口腔内科はこのような疾患の診断、患者様にとってより負担の少ない低侵襲的な治療を積極的に行うことにより、よりよいQOLを維持した口腔機能の回復、維持に貢献する新しい歯科医療の教育、臨床、研究を推進する講座です。

教員紹介

教授 里村 一人
准教授 佐藤 徹
講師 舘原 誠晃,山近 重生
学内講師 豊田 長隆,戸田 麗子
助教 寺田 知加,梅木 泰親,井出 信次
学部助手 堤 千明,竹部 祐生亮

活動

教育(担当科目)

医療人間科学実習Ⅱ (2年)   口腔外科学Ⅳ    (4年)   歯科医学総論Ⅲ   (4年)   総合歯科医学    (6年)
口腔外科学Ⅱ      (3年)   口腔外科学Ⅴ    (4年)   統合臨床基礎実習 (4年)
口腔外科学Ⅲ      (3年)   歯科医学総論Ⅰ   (4年)   臨床実習Ⅰ     (5年)
生体材料と歯科医療 (3年)   歯科医学総論Ⅱ    (4年)   臨床実習Ⅱ     (6年)

臨床

手術を中心とした従来的な口腔外科的診療に加え、口腔癌に対する樹状細胞療法など先進医療を積極的に取り入れ、腫瘍、粘膜疾患、唾液腺疾患、口腔内にも症状が生じる血液疾患、神経疾患、自己免疫疾患などの診断、治療を行っています。
また、超高齢社会を迎えた現在の日本の現状に合わせた要介護高齢者に対する口腔機能の維持、回復を目的とした入院型歯科診療の提供、先進的検査による歯科人間ドックの設立にも取り組んでいます。

研究等

教職員すべてが次世代の医療技術の開発、確立を目指した研究に積極的に取り組んでおり、また他大学との共同研究も盛んに行っています。
主な研究テーマは、成体幹細胞および口腔粘膜由来iPS細胞を用いたセメント質・歯根膜再生型インプラントの開発、Direct reprogrammingを応用した新しい再生医療の確立、メラトニンを応用した骨形成(再生)促進療法の開発、粘膜免疫活性化療法の確立、Calcium-sensing receptor(CaSR)に着目した口腔白板症の病態解明など、将来の歯科医療の発展に大きく貢献する課題に取り組んでいます。

大学・学部パンフレット 資料請求はこちら

大学のパンフレット等、資料請求はこちらから。

資料請求(新しいウィンドウが開きます)